×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


Doomの魅力


1.普通にプレイする

はじめは普通に遊びましょう。 Doomは細かいルールに縛られることが少ない、自由度の高いゲームです。

2.マップをコンプリートする

クリア時に出るスコア、Kills、Items、Secretを100%にする楽しみ方です。

3.スキルを変えて楽しむ

Doomには5つのスキル(難易度)が存在します。
  • I'm Too Young to Die
  • Hey, Not Too Rough
  • Hurt Me Plenty
  • Ultra-Violence
  • Nightmare!
自分の実力にあったスキルを選択しましょう。初めてプレイする人は、敵が少なく、敵の攻撃力が半減して、手に入る弾薬が倍になる「I'm Too Young to Die」をオススメします。最高難易度である「Nightmare!」はあまりに難しすぎるため、製品版ですらその難易度に調整されたマップはまずありませんので、「Ultra-Violence」でのクリアを目指して頑張りましょう。スキルごとの差異を見て楽しむのもありです。

4.デモを見て楽しむ

The DooMed Speed Demos Archive(略してDSDA)等には沢山のデモが置いてあります。ここにあるデモの中で最速の記録が公式の世界記録です。熟練のDoomerのスーパープレイはとても見ごたえがあり、今後のプレイの参考になるでしょう。Youtubeニコニコ動画にもそのようなスーパープレイを含めて、沢山のプレイ動画があります。

5.デモを撮って楽しむ

好きなMAP(ステージ)を、好きなスキルでデモを撮ってみましょう。デモ撮影中はセーブが不可能で、MAPを初期装備(ピストルのみ)からのスタートとなります。Doomのプレイ技術を磨く非常に良い練習となります。スーパープレイの戦術を試してみる等しても良いですね。失敗しても、何度も挑戦しましょう。

6.新たなWADをプレイする

これがDoom最大の魅力といっても良いです。いろいろなユーザーが作ったPWADが数えられないほど存在します。その大部分はDoom Worldidgamesに格納されています。中には製品版と同じくMAP数が32(またはそれ以上)あるものが結構あります。色々なWADをプレイしてみましょう。また、各WADでも1〜5のことができます。

7.マルチプレイをする

マルチプレイは初代Doomから対応していますが、非常にそれができる環境が限られていました。しかし、今はZDaemonSkullTagが存在するため、誰もが容易にインターネットを使って対戦や協力プレイができるようになりました。

8.マップを製作する

もちろん自分でマップを作ることもできます。Doomが比較的単純なゲームのため、ゲームのMOD製作の中でも簡単な部類に入ると思います。Doom Builder等優秀なMAP製作のためのフリーウェアも揃っています。


正にDOOMは
無限大の
遊び方
があるわけです。

DOOMの魅力、おわかり頂けましたか?