マップ作成

Doom Builder 2によるDoomのマップ作成方法について解説します。マップ作成にはIWADが必要です。

Doom Builder 2とは

Doom Builder 2はDoomのマップ制作ソフトの中でトップシェアのソフトウェアです。直感的にマップを描くことができて、高機能で様々なDoomエンジンに対応しています。ここまで贅沢な仕様でありながらフリーウェアという点も素晴らしいです。ただし、動作がやや重くマルチコアのCPUを使用していないPCでは快適にDoom Builder 2を使用することは難しいかもしれません。その場合は前作のDoom Builderを使いましょう。機能面は劣るかもしれませんが、基本的な部分は同じです。

このサイト以外でマップの解説を行っているのはDoom Builder 2 おおまかなマニュアルS.R.O.Dです。前者はDoom Builder 2の解説、後者はDeepseaの解説になります。このサイトのチュートリアルはマップ製作が全く分からない方向けでかなり基本的な内容に絞って解説を行っているので、より実践的な内容を学びたい場合は上記のサイトを参照して下さい。



Doom Buider 2のインストール Doom Builder 2のダウンロードとインストール方法について
Doom Builder 2の初期設定 Doom Builder 2を起動して最初にすること
マップ4つの構成要素 マップの基本要素となるVertex、LineDef、Sector、Thingについて
チュートリアル Doom Builder 2で実際に簡単なマップを作ってみましょう。マップ製作が全く分からない方向けのチュートリアルです。